WEBセミナー

【車庫証明でお悩みの方必見】手続きの流れや必要書類をわかりやすく解説します!

目安時間 5分

この記事では、車庫証明(自動車保管場所証明)の手続についてわかりやすく解説します!

車庫証明とは?

車庫証明とは、上記のとおり「車の保管場所があることの証明やそれを証する書類」のことを指します。

この制度が存在しないと所有車を道路に勝手に駐車する人が出てくる可能性があり、道路の安全や秩序を保てなくなってしまいます。

このため、面倒かもしれませんが車両を購入したり譲り受けたりした場合、引っ越しで駐車場所が変わった場合には警察署長から証明書の交付を受ける必要があります。

なお、対象の車両が軽自動車の場合には保管場所が属する市町村によって「保管場所の届出」の要否が異なります

自動車保管場所の要件は?

開いた地図のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

1 自動車の使用の本拠の位置から2キロメートル以内(直線距離)の場所であること

自宅や事務所から数十キロも離れていてはあまりにも不自然ですよね?

ということで、本拠から直線距離2キロ以内であることが求められています。

これについては「保管場所の所在図・配置図」という書類を用いて証明します。

2 道路から支障なく出入りができ、かつ、自動車の全体を収容できるものであること

駐車場所に車が入りきらないと、部分的に道路を使用することになってしまい秩序や安全が保てなくなってしまいます。

このため、「自動車保管場所証明申請書」に車両のサイズ(長さ・幅・高さ)を記載することで本当に全体を収容できるかを確認します。

また、道路からの出入りに支障がないかについては「保管場所の所在図・配置図」やこれに添付する地図をみて判断するわけです。

3 自動車の保有者が、自動車の保管場所として使用する権原を有するものであること

駐車場所として使用する箇所について、使用する権利をきちんと有しているかを確認します。

駐車場所が自己所有の場合は「自認書」、他主所有の場合は「使用承諾証明書」を作成することで権限を証明しましょう。

なお、月極駐車場の場合は上記書類に変えて「賃貸借契約書の写し全部」を用いることも可能です。

賃貸マンションなどの居住者が敷地内の駐車場を使用する場合には賃貸主(大家さんなど)に「使用承諾許可書」を作成してもらう必要があるため、早めに準備に取りかかる必要があります。

どんな書類が必要?

山積みの書類のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

自動車保管場所証明申請書 及び 保管場所標章交付申請書

車両に関する情報やその保管場所について記載する書類です。

軽自動車の場合には「自動車保管場所証明申請書」の代わりに「自動車保管場所証明"届出書"」を作成して提出します。

所在図・配置図

駐車場の所在地が本拠から2キロ以内にあるか、道路から支障なく出入りできるかなどを確認してもらうために作成します。

駐車枠が複数ある場合には、枠の一覧と実際に駐車する枠の番号も記載しましょう。

保管場所を使用する権原を疎明する書面

保管場所の使用権原に応じて以下の書類のいずれか1つを提出します。

🚙自己の土地・建物を使用する場合・・・保管場所使用権原疎明書面(自認署)

🚙月極め駐車場等の他人の土地・建物を使用する場合・・・使用承諾証明書、賃貸借契約書の写しまたは領収書

自動車検査証(写しでも可)

こちらについては、自動車検査証の交付を受けてから届出を行う場合のみ必要です。

車庫証明に必要な費用はどれくらい?

山積みの札束のイラスト(お金)

保管場所証明申請手数料として2,200円、標章交付申請手数料として500円の計2,700円が必要です。

このほか、行政書士に手続きを代行してもらう場合には報酬や実費を合わせて2万円程度かかるのが一般的です。

車庫証明手続きは当事務所にお任せください!

行政書士としま事務所では、大阪北摂エリア(豊中・箕面・池田など)を中心に車庫証明の手続き代行を8,750円から承っております(実費や書類作成費用を除く)

お見積やご相談は無料ですので、お問い合わせフォームまたは電話(050-3706-1041)にてお気軽にお問い合わせくださいませ(^O^)