WEBセミナー

介護保険ってなに?介護サービスってどう使うの?これらの疑問を解決します~第4回:地域密着型(介護予防)サービス~

目安時間 7分

はじめに

前回及び前々回の2回に分けて、都道府県が指定・監督を行うサービスをひととおり確認しました。

居宅サービスに「介護予防」の文字を付したら要支援1・2の方を対象したサービスを表すことが大切でしたね。

ということで、今回は市町村が指定や管理を行う地域密着サービスについてご紹介いたします!

これも「介護予防」をつけたら要支援1・2の方を対象としたサービスを意味する点は同様です。

地域密着型サービス・地域密着型介護予防サービス

健康長寿ネットによると、地域密着型サービスとは、今後増加が見込まれる認知症高齢者や中重度の要介護高齢者等が、出来る限り住み慣れた地域で生活が継続できるように、市町村指定の事業者が地域住民に提供するものを指します。

都道府県が指定・監督を行うサービスと比べて施設等の規模が小さいことから、利用者のきめ細やかな希望に対応することが期待されており、事業所が所在する市町村の住民を対象としてサービスを提供します。

①(介護予防)認知症対応型通所介護

認知症の利用者を対象にした専門的なケアを提供するサービスであり、認知症の利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、デイサービスセンターやグループホームなどといった通所介護施設に送迎車を利用して日帰りで通います。

施設では、食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなどが提供され、自宅にこもりきりの利用者の社会的孤立感の解消や心身機能の維持回復はもちろん、家族の介護の負担軽減などを目的とされています。
なお、認知症対応通所介護(介護予防も含む)には以下の3種類があり、どれに該当するかによって定員や利用料が異なります。

単独型

社会福祉施設等に併設されていない事業所

併設型

社会福祉施設等に併設されている事業所

共用型

グループホームの食堂などで行う事業所

②(介護予防)認知症対応型共同生活介護〈グループホーム〉

認知症の利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができることを目標に、グループホームに入所し、食事や入浴などの日常生活上の支援、機能訓練といったサービスを受けます。
古民家などを改修した施設が用いられることが多く、5~9人の少人数の利用者が、介護スタッフからの支援を受けながら共同生活を送ります。

居室は原則として一人部屋で、食堂やキッチン、浴室などもきちんと備えられている点、家事はスタッフ単体ではなく利用者と一緒に行うことが努力義務となっている点は是非とも押さえておきましょう。

なお、部屋代や食事代は介護給付の対象外(=実費負担)とされています。

③(介護予防)小規模多機能型居宅介護

デイサービスを中心に、ショートステイや訪問介護を組合せてサービスを提供するものを小規模多機能型居宅介護と呼びます。

利用者の選択に従って必要なサービスの提供を受けることができることが特筆すべき点として挙げられます。

④看護小規模多機能型居宅介護〈複合型サービス〉

③でご紹介した小規模多機能居宅介護に訪問看護を加えたものを指します。

こちらについては「介護予防」の名がつくもの(=要支援1・2の方を対象としたもの)が存在しないのでお間違えのないように。

⑤夜間対応型訪問介護

利用者が自宅で24時間安心して生活することができるよう、ホームヘルパーが利用者の自宅を夜間(18時〜翌日8時)に訪問するサービスです。

事前計画に沿った「定期巡回訪問」だけではなく、緊急時には通報することによって自宅に来てくれる(=「随時訪問」)ため、万一の場合にも安心です。

なお、このサービスには「介護予防」版はございません。

⑥定期巡回・順次対応型訪問介護看護

2012年の法改正によって新設されたサービスであり、24時間いつでも訪問介護と訪問看護のサービスを受けることができるサービスです。

夜間対応型訪問介護と同じく、1日に複数回の定期巡回と通報ベースの随時訪問の2種類の訪問があります。

服薬や医療ケアなど、短時間で複数回行う必要があるケアに対応できるため、中重度要介護者をきめ細やかにフォローできる点に大きな特徴があります。

⑦地域密着型特定施設入居者生活介護

利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、指定を受けた特定施設が日常生活上の支援や機能訓練といったサービスを提供します。

特定施設の対象となる施設は有料老人ホーム、軽費老人ホーム(ケアハウス)、養護老人ホームであり、入居定員が29人以下と決まっていることが特徴です。

なお、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)については、有料老人ホームに該当する場合は特定施設とみなされます。

⑧地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

常に介護が必要な利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、入所定員30人未満の介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)が利用者を受け入れたうえ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練、療養上の世話などを提供します。
地域や家庭との結び付きを重視した明るく家庭的な運営を行ったうえ、市町村や各種保健医療サービス、福祉サービスを提供する者との密接な連携に努めなければならないとされています。

おわりに

いかがだったでしょうか。

3回にわたって介護サービスを見てきましたが、量が多くて覚えるのが大変ですね・・・

「こんなサービスあったよね?」といった感じでなんとなく覚えているだけでも、いざ必要となった際の助けになります。

全部覚えようと身構えることなく、ある意味適当にお読みいただければ嬉しいです😀

それでは、次回は介護に関わる人たちについて簡単にご紹介しますね🎵

ホームヘルパーや看護師、社会福祉士、理学療法士・・・

こういった専門家がどういったお仕事を行なっているのか、できるだけたのしく解説しますね(^O^)