教育関連

受験勉強はいつから?何すればいい?阪大外語に首席合格するまでの日々を紹介〜自宅浪人中編〜

目安時間 3分

こんにちは、行政書士/教育コンサルタントの戸島です。

前回浪人時代の阪大模試まで振り返ったので、今回はセンター試験までの軌跡をご紹介します♪( ´▽`)

過去記事は以下からどうぞ!

⚾中学編

⚾高校受験編

⚾高校編

⚾大学受験編

⚾自宅浪人前編

徒然日記~自宅浪人中編~

阪大模試で無事好成績をおさめ、12月からはセンター対策へとシフトすることに。

現役時代の経験を踏まえ、以下のような戦略のもと日々(日曜以外ですが)勉強しました。

センター直前期の勉強

⚾️センターに全振りせず、センター:2次=6:4くらいで勉強する

⚾️日本史は現役時代同様、直前1週間で叩き込む

⚾️英語は過去問だけ勉強し、模試は解かない(復習も適当に)

センター試験まで残り60日を切ってからも焦ることなくマイペースに勉強し、年末年始はガキ使や紅白を見て過ごしました。

ちなみに、生物は教科書&資料集、リードα、センター過去問、河合マーク模試過去問だけを使って勉強し、試験に出た内容を教科書にメモしていくことで最終的には教科書が最強の参考書になっていました。

数学はひたすた過去問と模試をやりこみ、国語は半ば諦めていました(古典文法と漢文は全く勉強していないです笑)

日本史は前回紹介したZ会教材だけをやりこみ、倫理・政治経済は同じくZ会教材とセンター過去問をやりこんでいましたね。

そんなこんなで迎えたセンター試験当日。

斜め前に座っていた人のスマホがずっと光っていてイライラしていたものの、無事に目標としていた8割を超えることができ、ホッと一息つくことができました。

次回は当シリーズ最終編として、汗と涙にまみれた(?)阪大外語合格までの日々をご紹介します(*´∇`*)

短めやったので最終回とまとめても良かった気がしますが笑、今回はこれで失礼します!