教育関連

受験勉強はいつから?何すればいい?阪大外語に首席合格するまでの日々を紹介〜高校編〜

目安時間 4分

こんにちは、行教育コンサルタントの戸島です。

シリーズ第3弾として、高校での日々をお伝えしようと思います!

なお、中学時代の日々については以下リンクよりご確認くださいませ♫

①中学編

②高校受験編

徒然日記~高校編~

第一志望の公立高校に無事合格し、速攻で野球部に入部届を出しました。

野球のイラスト「クロスプレー」 | かわいいフリー素材集 いらすとや

以前から読んでくださっている方は想像がつくかと思いますが、高校でも毎日野球漬けの日々。

朝6時からの自主練、放課後の全体練習、帰宅後の素振り・トレーニングなど、本当に野球に全振りした生活を送っていましたね。

ただ、通っていた学校が進学校であったことから日々の課題や予習(特に英語)がとても多く、27時就寝、5時起床で頑張っていました。

進研ゼミは高校に入ってからも続けていましたが、野球と課題で精一杯だったためほとんど手をつけられておらず、高1の冬に受けた模試で校内順位が300番台(全校生徒360人のためほぼドベですね)を経験することに、、、。

通知表を見る男の子のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

「流石にやばいな、、、」と感じたため、冬休みは溜まっていた進研ゼミと既習範囲の復習に全力で取り組みました(もちろん野球も全力です)

進研ゼミと復習の成果からか、3学期からは成績が安定し始めます。

これと同時に「長期休暇に取り返すのはとってもめんどいし大変」であることを痛感したため、日々の授業を真剣に聞き、進研ゼミで都度復習をするように

相変わらず塾にも通わず野球ばっかりの生活でしたが、約1年かけてようやく予習復習のリズムを掴むことができました。

そんなこんなで人生を賭けた一大イベント《文理選択》を迎えます。

分かれ道で迷う人のイラスト(男性) | かわいいフリー素材集 ...

前回記事のとおり、当方は英数理が得意で国社が苦手な完全理系脳人間ですが、いろいろあって文系に進むことに・・・。

また、世界史が大の苦手だったのですが、こちらもいろいろあって週6時間ほど世界史の授業に費やすことに(後日お話ししますが、世界史選択・日本史受験という変態です)

バカみたいな理由で文系に進んだ後も野球中心の生活は変わらず続きます(我ながらこの睡眠時間でよく生きてたなと思いますね)

一応高1の夏からレギュラーで試合に出ていたのですが、半年に1回は大きな怪我(骨折、靭帯損傷など)をしていたので、病院と学校を往復しているうちに高3を迎えた感じです笑

今回はタメになる話じゃなかったと自覚しておりますが、あえてあげるなら、《文武両道を目指す大切さ》ですかね。

勉強が忙しい、部活が忙しいと言い訳を見つけて逃げることは簡単ですが、やり方を工夫すれば絶対にできると思います。

TS自身、全身全霊で野球に打ち込みながら阪大合格を成し遂げておりますし、大学時代は体育会の部活、教職、ほぼ週7の家庭教師とクッソ忙しい日々の中コツコツ勉強して在学中に留学なしでTOEIC900点超えを達成しています。

「何とかして効率的にこなせないか」を常に意識し続けることで文武両道は必ず達成できると思います、ぜひとも頑張ってみてください!

最後に熱く語ってしまいました、申し訳ありません笑

次回は大学受験編をお伝えします、お楽しみに♫