WEBセミナー

【読んで納得!】外国人の入国・在留手続きを“基礎のキソ”から解説します~第5回:在留資格season3~

目安時間 9分

在留資格シリーズ第3弾として、居住系(身分系)の4種類について解説いたします!

過去分につきましては以下からご確認くださいませm(_ _)m

⚾第1回:そもそも入管法ってどんな法律?

⚾第2回:ムズカシイ用語を簡単に

⚾️第3回:在留資格season1

⚾第4回:在留資格season2

在留資格〜身分系資格編〜

大前提として、身分系資格は「日本において行おうとする活動」ではなく「日本において有する身分または地位」に基づいて与えられます。

このため、身分系の在留資格をもつ外国人には日本における活動内容の制限はなく、資格外活動の許可を得ずとも単純活動を含む全ての活動を行うことができます。

永住者

法務大臣から永住を認められた外国人を対象とした在留資格

在留期限が無制限であるため、永住者の資格を与えられたら更新申請等をすることなく日本に在留することが可能

法律上の条件(原則)

素行が良好であること

独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること

その者の永住が日本国の利益に合すると認められること

 (1)原則として引き続き10年以上本邦に在留していること。ただし、この期間のうち、就労系資格(在留資格「技能実習」「特定技能1号」を除く)または身分系資格をもって引き続き5年以上在留していること。

 (2)罰金刑や懲役刑などを受けておらず、公的義務を適正に履行していること。

 (3)現に有している在留資格について、最長の在留期間(運用上は3年以上ならOK)をもって在留していること。

 (4)公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。

※日本人、永住者または特別永住者の配偶者又は子である場合には①②に適合することを要しない。

法律上の条件(特例)

実体を伴った婚姻生活が3年以上継続し、かつ、引き続き1年以上日本に在留していること(日本人、永住者及び特別永住者の配偶者の場合)

日本に1年以上継続して在留していること(日本人、永住者及び特別永住者の実子等の場合)

在留資格「定住者」をもって5年以上継続して本邦に在留していること

③難民の認定または補完的保護対象者の認定を受けた者の場合、認定後日本に5年以上継続して在留していること

④外交、社会、経済、文化等の分野において我が国への貢献があると認められる者で、日本に5年以上在留していること

⑤省略

高度専門職省令に規定するポイント計算を行った場合に70点以上を有している者であって、次のいずれかに該当するもの

(1)「高度人材外国人」として必要な点数を維持して日本に3年以上継続して在留していること
(2)永住許可申請日から3年前の時点を基準として高度専門職省令に規定するポイント計算を行った場合に70点以上の点数を有していたことが認められ、3年以上継続して70点以上の点数を有し日本に在留していること

高度専門職省令に規定するポイント計算を行った場合に80点以上を有している者であって、次のいずれかに該当するもの
(1)「高度人材外国人」として必要な点数を維持して日本に1年以上継続して在留していること
(2)永住許可申請日から1年前の時点を基準として高度専門職省令に規定するポイント計算を行った場合に80点以上の点数を有していたことが認められ、1年以上継続して80点以上の点数を有し日本に在留していること

⑧特別高度人材省令に規定する基準に該当する者であって、次のいずれかに該当するもの
(1)「特別高度人材」として日本に1年以上継続して在留していること
(2)日本に1年以上継続して在留している者で、永住許可申請日から1年前の時点を基準として特別高度人材省令に規定する基準に該当することが認められること

永住権カード・グリーンカードのイラスト | かわいいフリー素材 ...

日本人の配偶者等

日本人の配偶者、日本人の特別養子、日本人から生まれた子を対象とした在留資格

配偶者とは?

有効な婚姻(=法律要件を満たす婚姻)であることが必要であり、内縁の配偶者は含まれない

現に婚姻中であることが必要であり、離婚した場合や死別した場合は含まれない

日本人から生まれた子とは?

嫡出子や認知された嫡出でない子であることが必要であり、養子は含まれない

ペアリングを付けた新郎新婦のイラスト | かわいいフリー素材集 ...
永住者の配偶者等

永住者の配偶者、特別永住者の配偶者、永住者の子として日本で生まれた子(出生後引き続き日本に在留)を対象とした在留資格

永住者の子として日本で生まれた子

在留資格「永住者」をもつ母親が日本外で出産した場合は、永住者の子として日本で生まれた子の条件を満たさない

→在留資格「永住者」の扶養を受けて生活する未成年未婚の実子であるため、在留資格「定住者」に該当する

定住者

特別な理由を考慮したうえ一定の在留期間を指定して法務大臣に居住を認められた外国人を対象とした在留資格

告示定住

定住者告示(以下①〜⑧)のいずれかに該当する場合に在留資格「定住者」を与える

①難民

②削除

③日本人の子として出生した者の実子 かつ 素行が善良(=日系3世、元日本人の日本国籍離脱後の実子(日系2世))

④日本人の子として出生した者でかつて日本国民として日本に本籍を有したことがあるものの実子の実子(①③⑧に該当する者を除く。) かつ 素行が善良(=日系3世)

⑤次のいずれかに該当する者(①③④⑧に該当する者を除く)に係るもの(=結婚による在留資格「定住者」)

(1)日本国籍を有する親の子(在留資格「日本人の配偶者等」を有する)の結婚相手

(2)在留資格「定住者」を有する人(日系人を除く)の結婚相手

(3)日系人として在留資格「定住者」を有する人の結婚相手 かつ 素行が善良

⑥次のいずれかに該当する者(①③④⑧に該当する者を除く)に係るもの(=未成年で未婚の実子であることによる「定住者」)

(1)日本人、永住者、特別永住者の未成年で未婚の実子

(2)在留資格「定住者」を有する人(日系人を除く)の未成年で未婚の実子

(3)日系人として在留資格「定住者」を有する人の未成年で未婚の実子 かつ 素行が善良

(4)日本人、永住者、特別永住者または在留期間1年以上の定住者の配偶者の未成年で未婚の実子

⑦日本人、永住者、特別永住者、在留期間1年以上の定住者の6歳未満の養子

⑧省略

告示外定住

定住者告示に該当しないが特別な事情を考慮して在留資格「定住者」を認める

(例)離婚定住、死別定住、日本人実子扶養定住、婚姻破綻定住、在留資格「家族滞在」を有する外国人であり日本の小・中学校、高校を卒業後に就職する場合の定住 など

※告示外定住は在留資格認定証明書の対象外

→在外公館で在留資格「定住者(告示外)」に対応する査証の発給を受けて来日 or 在留資格「短期滞在」から在留資格「定住者(告示外)」への変更許可申請を行なって対応

まとめ

随分と長くなってしまいましたが、3回に分けて全29種類の在留資格を解説しました。

特によく利用される在留資格については後日より詳しく紹介しようと思いますので、またぜひお読みいただければ嬉しいです!

次回は在留期間と特例期間についてご紹介します(^O^)

入管関連(外国人関連)のお悩みは当事務所にお任せください!

行政書士としま事務所では、豊中・箕面・池田といった大阪北摂エリアを中心に入管関連業務を行っております!

海外から外国人を呼び寄せたいけどどうすればいいのだろう・・・?

留学生だけど生活費を稼ぐためにアルバイトをしたい!

こういったお悩みをお抱えの方は、お気軽に以下フォームからお問い合わせくださいませ♪